去勢・避妊手術


 

去勢・避妊手術と聞いて初心者の方はどう思われますか?

 

「かわいそう・・・」となる方も多いと思われます。でも実は、病気の予防やストレスが軽減されるなど犬にとってはメリットの多い手術でもあります。まずは、どのようなものなのかを知ってみましょう。

 

■手術の方法

オスは睾丸摘出手術、メスは卵巣・子宮摘出手術が一般的。手術の時期は生後6ヶ月から8ヶ月頃に行うのが効果的といわれています。

 

■去勢手術(オス)で見られるメリット

・会陰ヘルニアの予防効果

----- 会陰ヘルニアとは、肛門のまわりの隙間から、お腹の臓器が出てしまう病気。去勢手術によりその病気になる確立が下がります。

・前立腺肥大の予防効果

----- 前立腺肥大によって尿道や膀胱が圧迫され、尿が出にくくなるなどの症状がでる病気。去勢手術によりその病気になる確立が下がります。

その他

・性的ストレスの軽減

・マーキングの減少

・攻撃性の減少

 

■去勢手術(オス)で見られるデメリット

・太りやすくなる

・手術時の麻酔リスク

・繁殖不可能

 

■不妊手術(メス)で見られるメリット

・乳腺腫瘍の予防効果

----- 乳房にしこりがみられるのが主な症状で、悪性腫瘍の場合、ほかの臓器に転移する可能性もある病気。不妊手術によりその病気になる確立が下がります。

・子宮蓄膿症の予防効果

----- 子宮内の細菌感染により、その内部に膿がたまる病気。不妊手術によりその病気を予防することができます。

その他

・性的ストレスの軽減

・誤妊娠の回避

・発情による出血・ストレスがなくなる

 

■不妊手術(メス)で見られるデメリット

・太りやすくなる

・手術時の麻酔リスク

・繁殖不可能

 

去勢・避妊手術には以上のようなメリット・デメリットがあります。もし、手術するという場合は、かかりつけの獣医さんに相談しましょう。また、手術費に対する助成制度を持っている自治体もありますので、お住まいの各自治体へ問い合わせてみましょう。