犬の感覚


 

犬の嗅覚が優れていることは今さら言うまでもありませんね。ここでは簡単に犬の感覚について知っときましょう。

 

■聴力

犬の聴力は人間の約5,000倍もの音を聞き分け、超音波までをも聞き取ることができるといいます。耳を動かしたり、首を左右にかしげるしぐさは、何か気になる音をよく聞き取ろうとしている時の動作のひとつです。

 

■視力

犬の目は人間でいう近視状態。細かな見分けはつかないそうです。しかし、視野は300度近くもあり、動体視力が非常に優れています。また元来、夜行性だったということもあり薄暗いところでは人間よりよく見えるといわれています。

 

■嗅覚

言わずと知れた、犬の感覚の中でもっとも優れている部分です。その能力はなんと人間の1000倍~1億倍ともいわれています。この数値は人間にはまったく想像がつきません。また、その嗅覚を利用し、相手の情報を嗅ぎ分けて収集、判断しているといわれており、視力、聴力が衰えてもこの嗅覚だけで、それほど不自由なく生活ができてしまうともいわれています。

 

■触覚

生まれたばかりの子犬が母犬の乳房へ導かれるのは触覚によるものだといわれています。ヒゲや触毛、下や唇、足の裏のなど極めて敏感になっています。

 
■味覚

犬の味覚は、ある程度の味を感じるくらいで、決して良くはありません。甘味、苦味、酸味、辛味の4つが主で、食料の選り好みはこの4つ味覚よりもむしろ嗅いにあるといわれています。