犬の飼育設備


 

しっかりとした犬の飼育設備を保ちましょう。

 

■犬の生活スペース

何よりも犬の行動を制約しない広さが重要です。狭いケージに閉じ込めたままにしておくのは常識以前の問題です。また、短い鎖などで繋いだままにして、犬の運動を拘束することは虐待になります。飼っている犬種の特徴を知り、その犬にとって精神的、肉体的に良い広さや環境を考え、きちんとした生活環境を保ちましょう。

 

■不快なストレスをあたえない

日が当たらない、じめじめしてる、暑い、寒い、空気の通りが悪いなど、このような環境下では犬の性格も悪くなったり、感染症にかかりやいなどの弊害が生じます。人間と同じように、心地よく過ごせる生活環境を考えてあげることが大切です。

 

■子犬の飼育環境づくり

サークルやケージ、ペットシーツなどで子犬のお部屋をつくりましょう。設置場所はみんながいる部屋で子犬が不安なく安心できる場所。決して子犬だけ別の部屋にしないこと。母犬や兄弟犬のもとを離れてきた子犬は寂しくて不安です。誰かがそばいるという安心感を与えましょう。

 

・注意点

----- 開け閉めの多いドアの近くなどは避けましょう。

----- トイレスペースと寝床は分けましょう。

----- トイレスペースは広めにとりましょう。

 

トイレのサイズと、ケージのサイズを考えないと、トイレがケージに入らないこともあるので注意しましょう。いずれはケージの中からトイレを出して独立させることになりますので、もし広さが許すようであればケージの回りをサークルなどで囲ってしまい、寝床はケージの中、遊ぶ時はサークル内、そしてトイレもサークルの端に設置するという方法が良いでしょう。いずれにしても犬は清潔好きですのでトイレと寝床は完全に分けてあげましょう。